Lyceeの あーだこーだ

恐ろしい子

県商の虎です
これはある男の愛と勇気の物語・・・

この物語はフィクションです。登場する人物団体は実在しません。


虎(仮)はとある現場事務所に書類を届けるため車を降りました。すると2mほど目の前をある男が通りました。虎(仮)は手を振りながら早速声をかけました。

虎(仮)「王子(仮)!」

・・・しかし王子はガン無視で通り過ぎます。虎(仮)は思います。

虎(仮)「(きっと音楽聴きながらだから気づかなかったんだよ。ミキちゃんとトリップだよ。三宮に向かってるなかなり距離があるよ。よし車で送ってあげよう。王子(仮)とドライブなんてすてきじゃなか)」

虎(仮)は早速遠ざかっていく王子(仮)携帯に電話します。王子(仮)は左ポケットから携帯を取り出しディスプレイを見たように見えました。・・・しかし出ません・・・。虎(仮)は目がわるいのできっと見間違いさ♪と納得して仕事に戻ります。しかし気になったのでメールしてみます。

虎(仮)「無視するなよ~(´・ω・`) 」

するとメールが帰ってきます。

王子(仮)「おめえの番号なんて登録しってねえから気づかなかったぜ、この三十路が・・・で?なんのようだよ?」

虎(仮)「いやすれ違ったから・・・」

王子(仮)「そんだけかい。しょうもないことでメールしてくんじゃねえよ。このクソ賢者!」

これは愛と勇気の物語
[PR]
by tiger_fox | 2009-02-02 19:14 | 日記
<< 賢外 フェスタ仕様 >>



りせのなんやかんや
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31